ヴィンチェンツォの意味は?評価や感想、視聴率も調査してみた!

ヴィンチェンツォは、とても話題になっている韓国ドラマで、今も人気は絶賛加熱中です!

今回はそんなヴィンチェンツォの意味や評価、感想、視聴率などを調査してみました。

まずヴィンチェンツォとはどんな作品なのか概要や作品情報を元に意味や評価、感想、視聴率をご紹介していきます!!

ヴィンチェンツォの作品情報

まず初めにヴィンチェンツォの作品情報をご紹介します。

ヴィンチェンツォ概要

タイトル ヴィンチェンツォ
原題 빈센조
放送局  tvN
演出 キム・ヒウォン
脚本 パクジェボム
キャスト ソン・ジュンギ、チョン・ヨビン、テギョン(2PM)ユ・ジェミョン、クァク・ドンヨン
作品ジャンル コメディー、犯罪、スリラー

ヴィンチェンツォは法律では絶対に懲罰することが出来ない悪党に対抗するダークヒーローの物語。

愉快でダイナミックな脚本、ヴィンチェンツォの世界観をしっかり完成させて撮影に望んだ俳優と最高のスタッフが集まった好奇心を刺激する作品です。

ヴィンチェンツォあらすじ

組織の裏切りに合い、韓国にやって来たイタリアマフィアの弁護士

がベテラン熱血弁護士と出会い、悪役の方法で悪を一掃しまう話。

引用元:Netflix

あらすじが、、、よくわからないですね((+_+))もう少し詳しく紹介します!!

イタリアマフィアのコンシリエーリ*3であり弁護士のヴィンチェンツォ・カサーノ(ソン・ジュンギ)はボスの死後、組織の裏切りに合い祖国韓国に戻る事になった。その理由はクムガプラザの地下に隠された大金を手に入れる為。とっとと大金を手に入れてイタリアに戻る予定が、クムガプラザを巡る争いや韓国型悪徳カルテルとの対立に巻き込まれ、熱血弁護士との出会いにより、やられたらやり返すの精神で法では捌けない悪を悪のやり方で倒していく痛快ブラック法律コメディ&サスペンスドラマ。

ヴィンチェンツォの意味は?

イタリア語圏の男性名。

女性形はヴィンチェンツァ (Vincenza)となる。

ラテン語のVincentiusを語源としており、スペイン語ビセンテ、ポルトガル語ヴィセンテ、フランス語ヴァンサン、英語ヴィンセント、ドイツ語ヴィンツェンツに相当する。

ヴィンチェンツォの評価や感想は?

ヴィンチェンツォは2021年2月20日からtvNで放送されている今話題のドラマです。

ヴィンチェンツォの感想はどうなのか、良い評価や悪い評価をご紹介します。

ヴィンチェンツォが面白いという良い評価や感想

ヴィンチェンツォがつまらないという悪い評価や感想

・・・・つまらないと言う感想を調査したのですが、一向につまらないと言う声は見つかりませんでした!!!

ヴィンチェンツォの視聴率

ヴィンチェンツォの視聴率はこちらです。

放送後に随時更新していきます。

第1話 7.7%
第2話 9.3%
第3話 8.1%
第4話 10.2%
第5話 9.7%
第6話 11.1%
第7話 9.2%
第8話 10.4%
第9話 9.1%
第10話 11.4%

ヴィンチェンツォの意味、評価や感想、視聴率まとめ

ピュアなドラマから痛快コメディーまでヒット作を連発している脚本家パクジェボムさんは新作ドラマ『ヴィンチェンツァオ』の魅力について『ダークヒーロが本当の悪党を成敗する過程や爽快感、残酷な状況の中に含まれたコメディーも重要なポイント』と語っています。

そして演出は大ヒットしたドラマ『愛の不時着』や『王になった男』を担当したキムヒウォンさんとなっておりヴィンチェンツォはつまらないという評価もなく、まだまだこれから日本でも話題になること間違えなし!私も早速みてみます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました