東京BABYLON 2021 CLAMPが制作から外れてたのはなぜ?衣装パクりで制作中止

東京BABYLON 2021 CLAMPが制作から外れてたのはなぜ?衣装パクりで制作中止 テレビ

今年4月の放送予定が延期になっていたテレビアニメ「東京BABYLON 2021」のプロジェクトが制作中止になったことはご存知でしょうか?

女性漫画家集団「CLAMP」の初期の名作で、1990~93年の連載から約30年の時を経てアニメ化されるとあり話題を呼んでいました。

今回はそんな「東京BABYLON 2021」について調べてみましたのでぜひご覧下さい!

テレビアニメ「東京BABYLON 2021」の制作が中止!?

女性漫画家集団「CLAMP」の初期の名作で、1990~93年の連載から約30年の時を経てアニメ化されるとあり、話題を呼んでいたテレビアニメ「東京BABYLON 2021」。

陰陽師の主人公・皇昴流が怪奇現象や霊的事件に挑み、東京が舞台のアニメ。

皇昴流役に蒼井翔太、昴流の双子の姉・皇北都役に水樹奈々、暗殺集団「桜塚護(さくらづかもり)」の跡取り息子・桜塚星史郎役に梅原裕一郎とキャストも決定していました。

昨年11月19日にオンライン制作発表を行いましたが、新ビジュアルとキャラクター設定イラストの衣装に、著作権を有しない既存のデザインを使用。

皇昴流の「陰陽師の装束」、皇北都の「黒のジャケット及びピンクのドレス」について、翌20日に視聴者から指摘があり、模倣が判明しました。

そして昨年12月に、今年4月の放送予定の延期が発表されていました。

しかし29日、公式サイトでテレビアニメ「東京BABYLON 2021」の現プロジェクトが制作中止が改めて発表されました。

さらに「多数の模倣盗用」が判明し「現制作会社との信頼関係の欠如により制作続行は不可能と判断」され、全く新たな制作体制で再出発するとし、ファンに謝罪をしました。

ゆるクマ
ゆるクマ

放送延期からの、プロジェクト自体が中止という前代未聞の発表ですね!

テレビアニメ「東京BABYLON 2021」で「CLAMP」が制作から外れていた?

なぜテレビアニメ「東京BABYLON 2021」で今回のようなことが起こったのでしょうか?

「CLAMP」が制作に関わっていればこのようなことは起きなかったのではないでしょうか?

アニメ公式サイトでも、「改めてCLAMP先生、製作委員会にて協議の上、全く新たな制作体制で再出発させて頂くこととなりました」と報告されています。

また、「CLAMP先生の【東京BABYLON】という大切な作品を、ファンの皆様が心より楽しんで頂けるように新たな体制で一日も早く作品をお届けできますよう、必ずや誠心誠意、製作委員会として努力してまいります」との記載も。

ゆるクマ
ゆるクマ

公式サイト、Twitter、Instagramも4月30日に閉鎖されるそうです。

当初から、原作とは大きく異なったキャラクターデザインや衣装デザインにファンからは残念がる声が多数あがっていた同作。

“再出発”の報告に対しては、「今度はちゃんと原作通りのキャラデザで再開してほしい」と願う声とともに、「衣装も漫画のままがいいよ素敵だから」、「CLAMPがしっかり関わって衣装デザインした東京BABYLONが見たいな」と衣装についても原作に忠実なデザインにしてほしいという声が多くあがっています。

「CLAMP」が制作に関わっていなかった理由は明らかになっていませんが、SNS上でも多数の憶測が飛び交っていますね。

まとめ

今回は、【東京BABYLON 2021 CLAMPが制作から外れてたのはなぜ?衣装パクりで制作中止】というタイトルでお送りしました!

前代未聞の、「東京BABYLON 2021」のプロジェクトが制作途中で中止という事実にびっくりした方も多いかと思いますが、新たな体制で一日も早く作品を届けてくれようと頑張ってくれていることを信じて、新たな発表を待ちたいと思います。

女性漫画家集団「CLAMP」の初期の名作ですから、多少時間がかかっても良いものを届けてくれれば少しくらい時間を要しても待てるかなと個人的には思ってます!

それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました