「サレタガワのブルー」(ドラマ)面白くない?つまらない?3つの理由を演技や原作から考察!

サレブル つまらない サレタガワのブルー

「サレタガワのブルー」のドラマ化が決定しました!

2021年7月13日より放映開始の「サレタガワのブルー」ですが、面白くないのでは?つまらないのでは?という声があるようです。

「サレタガワのブルー」の原作は、マンガアプリ「マンガMee」で大人気連載中の不倫マンガです。
2021年5月には1・2巻が同時発売されました。

作者はセモトちか先生です。

今回は、そんな「サレタガワのブルー」(ドラマ)が何故つまらないと言われているのかその理由について調べてまとめてみました。

「サレタガワのブルー」(ドラマ)がつまらない理由は?

「サレタガワのブルー」は犬飼貴丈さんと堀未央奈さんのW主演が決定しています。
犬飼貴丈さんと堀未央奈さんは初共演です。

 

ゆるクマ
ゆるクマ

「サレタガワのブルー」(ドラマ)がつまらない3つの理由について考察してみました!

ありきたりな展開

まず、ありきたりな展開で面白くなさそう、という意見が見られました。

確かに今の日本のドラマは不倫ものが多いです。

昼ドラや不倫もののドラマを見慣れている方は、幸せだった夫婦が不倫発覚により不幸のどん底に落とされるというようなドロドロ展開に、もう飽きたと感じるかもしれません。

 

原作を越えられない

「サレタガワのブルー」の原作は、とても人気のある作品です。

全ページカラー掲載、しかも絵はかなり上手くて可愛い!
クスッと笑えるようなギャグ要素が盛り込まれていたりと、近年ありがちな不倫漫画にしては、異例のヒットを記録しています。

暢と藍子の脇を固めるキャラクターも魅力的です。

私も読んでいますが、この漫画、本当に面白いです。
まだ未完結ではありますが、先の展開が気になりすぎて、マンガアプリ「マンガMee」に課金して、先読みしているほどです。

「ドラマも面白いかもしれないけど、原作漫画に比べたらつまらないのでは?」と懸念するファンがいても全くおかしくありません。

堀未央奈の演技力が不安

乃木坂46の第2期生である堀未央奈さんは、まだ女優としての知名度がそこまで高くありません。

堀未央奈さんは、「不倫をしながらも夫の前では可愛い妻を演じる悪女」という難しい役を演じることになります。

そこで、「本当に藍子さん役が堀未央奈さんにつとまるのか?」と心配するファンの方もいるようです。

しかし堀未央奈さんは、2019年映画に公開された映画、「ホットギミック・ガールミーツボーイ」初主演に抜擢され、演技力について高い評価を受けています。

堀未央奈さんなら藍子さん役もこなせるのでは?と私は思います。

「サレタガワのブルー」(ドラマ)はつまらない・面白い?SNSでの評判は?

「サレタガワのブルー」(ドラマ)について、SNSでの評判はどうなのか、調べてみました。

 

ゆるクマ
ゆるクマ

原作にハマり、ドラマの放映を楽しみにしている方が多いみたいですね!

「サレタガワのブルー」(ドラマ)面白くない?つまらない?3つの理由を演技や原作から考察!まとめ

今回は、「サレタガワのブルー」(ドラマ)がつまらないと言われている3つの理由を検証し、まとめてみました。

感想を調べてみましたが、多くの視聴者に期待されているドラマだと感じました。

原作漫画がヒットしたからこそ、「サレタガワのブルー」(ドラマ)に対する期待や不安も大きいのではないでしょうか。

「サレタガワのブルー」(ドラマ)に関する新しい情報が入り次第、またまとめていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました