ロースクールの意味は?評価や感想、視聴率も調査してみた!

2021年4月よりNetflixにて、韓国と同時配信で始まった【ロースクール】

主演は人気のキム・ミョンミンです。

現在、大人気放送中のロースクールの意味や評価などを調べてみました!

 

ロースクールの作品情報

 

韓国一名門のロースクールの教授と学生が前代未聞の事件に絡みながら繰り広げられるキャンパスミステリー。

毒舌のため生徒からは距離を置かれている元エリート検事と、教授の講義を受講している生徒たちを中心として、謎めいた事件が巻き起こります。

 

ロースクール概要

タイトル ロースクール
原題 로스쿨
放送局 JTBC(2021)
演出 キム・ソクユン
脚本 ソ・イン
キャスト キム・ミョンミン、キム・ボム、リュ・ヘヨン、イ・ジョンウン、イ・デビッド、イ・スギョン、ヒョヌ
作品ジャンル ミステリー

「私たちが出会った奇跡」に出演していた、キム・ミョンミンが主演を演じ、また学生役には「恋のスケッチ~応答せよ1988~」のリュ・ヘヨン、「花より男子~Boys Over Flowers」のキム・ボム、『パラサイト~半地下の家族~』のイ・ジョンウンといった演技派俳優も多数出演しています。

ロースクールあらすじ

『ロースクール』 | 予告編 | Netflix

国内屈指の名門ロースクールで発生した、不可解な事件。法とは何か、正義とは何か。真実を追い求める法学部教授と野心あふれる学生たちが大きな問いに挑む。

引用元:Netflix

ロースクールでは、キム・ミョンミン演じるヤン・ジョンフンはエリートコースを歩んだ検事出身の刑法教授です。

彼は毒舌のため学生たちにとっては避けたい教授の1人。

ですが、そんなヤン・ジョンフンは徹底したポーカーフェイスの中に繊細な内面も持つ人物でした。

そんなヤン・ジョンフンを中心として、周りの学生たちの関わりや、そこで起きる様々な事件…

毎回、息を呑む展開に目が離せません。

 

ロースクールの意味は?

ロースクール(로스쿨)とは、法学専門大学院(법학전문대학원、法學專門大學院)のことです。

大韓民国における法曹養成を目的とする大学院課程になります。

「ロー(law)」は法を、「スクール(school)」は大学に付属、あるいは独立している専門大学院を指します。

 

ロースクールの評価や感想は?

ロースクールは2021年4月から始まる今話題のドラマです。

ロースクールの感想はどうなのか、良い評価や悪い評価をご紹介します。

 

ロースクールが面白いという良い評価や感想

 

 

 

ロースクールを見始めた方の声を見ると、次の展開が気になって仕方がない様子がうかがえますね!

そして、ミステリーとしてもとても優秀のようです。

更新を楽しみにされている方が多くて、作品の面白さが伝わってきました!

 

ロースクールがつまらないという悪い評価や感想

 

ロースクールに対して悪い印象があるわけではないのですが、展開が早かったり理解しなくてはいけない場面が多い作品であるという評価がありました。その点が苦手、という声がありました。

伏線が多い作品が苦手な方には、難しい作品なのかもしれないですね。

 

ロースクールの視聴率

ロースクールの視聴率はこちらです。

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

放送後に随時更新していきます。

第1話 5.113%
第2話 4.112%
第3話 4.338%
第4話 4.318%
第5話 4.473%
第6話 4.676%
第7話 4.505%
第8話 5.388%
第9話
第10話

 

ロースクールの意味、評価や感想、視聴率まとめ

現在、Netflixで大人気配信中の【ロースクール】

視聴率や口コミを見てもわかる通り、人気がじわじわと上がってきているのが理解できますね。

一度み始めると続きが気になってしまうという中毒性のあるロースクールを、ぜひ皆さんもチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました