リコカツの原作は漫画・小説?韓国ドラマの愛の不時着に似てる?

北川景子さんと永山瑛太さんW主演の、2021年春の金曜ドラマ「リコカツ」

コミカルな印象の強い「リコカツ」ですが、原作はあるのでしょうか。

同名の漫画を見つけましたが、原作は漫画?それとも小説?

また、韓国ドラマ「愛の不時着」に似ている?という噂について、調査してみました!

ドラマ「リコカツ」の原作は漫画?

2021年4月16日スタートのTBS系金曜ドラマ「リコカツ」。

バリキャリ美人編集者(北川景子さん)×真面目で男らしい自衛隊員(永山瑛太さん)の離婚活動を題材にしたこのドラマ。

現代は、離婚への抵抗感も薄れてきたのと、自分が求める人生を追求したいという人も増え、リコカツ中の夫婦は結構多いのかも??

そんな離婚を志願する夫婦を描いた「リコカツ」ですが、原作はあるのでしょうか。

 

結論から言うと、リコカツ」の原作はありません。

リコカツは、ドラマのオリジナル脚本で、脚本家の泉澤陽子さんが手がけています。

 

しかし、上記のTwitter情報にもあるように、「リコカツ」という漫画は存在しています。

こちらは、ドラマ「リコカツ」を元にコミカライズ(漫画化)されたものでした。

コミック版「リコカツ」は、「マンガボックス」という漫画アプリで読めます!

通常ですと、一般的なのは漫画の原作→ドラマ化されるという流れです。

しかし「リコカツ」は、オリジナル脚本ドラマ→漫画化され、逆の道をたどっているんですね!

ドラマと漫画を同時に楽しめるので、より多くの方のニーズを拾ってくれるのではないでしょうか。

ドラマでは、北川景子さんと永山瑛太さんらの演出を「作品」として楽しめますし、漫画では、より自分のイメージで物語に入り込みやすかったり、好きなタイミングで読めるというのがいいですよね!

ゆるクマ
ゆるクマ

二度美味しい!

このリコカツは、韓国ドラマ「愛の不時着」と似ているという噂もありました。

どのような点で類似しているか調べてみました。

すると、以下の点が似かよっていました。

・二人のキャラクター設定

・二人の出会い

「愛の不時着」では、アパレル社長である主人公を、北朝鮮の軍人である男性主人公が救出することで、二人は出会います。

一方、「リコカツ」では、オシャレなファッション誌の編集者である咲を、自衛隊員の紘一が雪山で救出することで出会います。

キャラ設定とシチュエーションが似ていて、パクリ??と思ってしまう方も多かったようです。

 

また、フジテレビ系「最高の離婚」(2013年)についても、離婚をテーマに扱っていることから、似ている!と話題になりました。

偶然にも、「最高の離婚」も瑛太さんが主演されていることが、そう言われてしまう要因の一つのようです。

【DVD&Blu-ray】「最高の離婚」

ドラマ「リコカツ」脚本家・泉澤陽子の過去作品

では、ドラマ「リコカツ」のストーリーを作った脚本家・泉澤陽子さんについてご紹介します。

泉澤陽子さんは、2009年に脚本家デビューされ、多くのヒットドラマを出しています。

代表作についてご紹介します!

ドラマ「リピート〜運命を変える10ヶ月〜」

貫地谷しほりさん主演の「リピート〜運命を変える10ヶ月〜」は、2018年1月から日本テレビ系で放送されました。

こちらのドラマは、乾くるみさんの小説「リピート」が原作です。

記憶を保持したまま、何度も過去へ戻る現象のことをリピートといい、登場キャラクターがそれぞれの思いから、リピートに参加するストーリーとなっています!

また、韓国でもドラマ化されていますよ。

日本でのタイトルは「リセット〜運命をさかのぼる1年〜」です。

ドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」

新川優愛さん主演の「ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」は、2020年6月から日本テレビ系で放送されました。

人間のブラックな面を描き、ドロキュンドラマとして視聴者をザワザワさせてくれました。

なかなか日常生活で、人の裏側や裏切りに触れる機会はありませんので、それをみれるのもドラマの醍醐味ですね!?

「ギルティ」の原作は、200万部を突破した大人気漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」 です。

泉澤陽子さんは、原作をドラマ化されるのがお上手ですよね。

やはり漫画とドラマは、見る側の層やニーズも異なってきますし、そのあたりをちゃんと落とし込んで、視聴者の心を楽しませてくれているように感じます。

オリジナル作品は、より脚本家本来の色が出るので、「リコカツ」でどのような世界観を味わえるのか、最終話まで楽しみですね!

ドラマ「リコカツ」あらすじ

[4月スタート! 新金曜ドラマ]「恋の行方が楽しみ」北川景子×永山瑛太のSPインタビュー『リコカツ』【TBS】

次に、「リコカツ」のあらすじをご紹介します。

 

「リコカツ」は、”離婚から始まるラブストーリー”とだけあり、離婚活動中の北川景子さんと永山瑛太さん演じる新婚夫婦から物語が展開していきます。

二人は運命的な出会いから即結婚に至りますが、性格や価値観などの不一致から、二人の共同生活はうまくいかず・・・離婚活動をすることで合意するのでした!

二人は協力しながら、ゴールである離婚へこぎつけるのか、はたまた離婚活動を通して互いを理解し歩みよっていくのか。

今どきながら、少し変わった新婚夫婦の姿が描かれています!

 

〜〜あらすじ〜〜

[新金曜ドラマ]『リコカツ』4/16スタート!! 北川景子×永山瑛太!! 離婚から始まるラブストーリー?【TBS】

水口咲(北川景子)はファッション誌で編集者をつとめるバリキャリOL(33歳)。

5年間付き合っていた恋人に振られ自暴自棄気味の咲は、ある日雪山で遭難してしまいます。

そのとき、白馬の王子さまのごとく救出してくれたのが、自衛隊員の緒原紘一(永山瑛太)で、二人はドラマのような出会いを果たし、初めてのデートで結婚を決めるのです。(吊り橋効果!)

しかし、二人を待ち受けていたのは、互いの理想とかけ離れた結婚生活でした。

都会的な咲にたいして、紘一はバリバリの体育会系、コッテリの自衛隊員。

咲は、朝4時に起こされたり(紘一いわく、「まるよんまるまる起床」笑)、私服がダサい彼に、うんざり。

紘一は紘一で、真面目で古風な家庭で育った彼には、料理が苦手で、服装などに文句を言う咲へ不満がたまっていきます。

そんなこんなで、ついにケンカが勃発。

性格も価値観も全く違う二人は、結婚してわずかながら、電撃離婚宣言からのリコカツをスタートさせることになるのです!

しかし、両親も離婚問題中だったり、雲行きが怪しく、自分たちのリコカツはなかなかスムーズに事が運ばず・・・!?

咲と紘一のリコカツは成功するのでしょうか!?

それとも、二人は幸せな結婚生活に軌道修正できるのでしょうか?

ドラマ「リコカツ」最終回予想

果たして、リコカツの最終回は、どのように迎えるのでしょうか。

 

個人的な予想(願い!?)としては

・ビビっ!な直感と運命は裏切らない!

・両親の夫婦問題、離婚宣言が二人の成長のキー!

となって、結婚に夢を見ていた、かつての二人から卒業し、等身大で新しい結婚生活を築いていくのではと思います。

つまり、リコカツを放棄し、離婚危機を乗り越えるのでは!?

 

人間も動物。

ビビッときた直感と、結婚したいと強く心が動いたことは、真実です。

正反対な咲と紘一ですが、唯一似ている点は、お互いに自分の生き方や信念を曲げない、頑固なところ。

しかし結婚というのものは、家族として小さな組織をつくるということですから、自分を貫き通すのは難しいものですよね。

長年連れ添ってきた両親の危機を目の当たりにして、ぶつかったり許し合う姿を客観視し、時に自分たちを投影して、お互いの良さを認め合っていくのではないでしょうか。

 

最終回の結末が待てません!

関連記事はこちら!

リコカツは最高の離婚に似てる?類似点を検証!瑛太のキャラが正反対!
4月スタートのドラマ「リコカツ」と「最高の離婚」は似てる?主演が永山瑛太さんで「離婚」と聞くと「最高の離婚」を思い出しますよね。 「最高の離婚」の永山瑛太さんのキャラとリコカツのキャラの違いは? 今回は「リコカツ」と「最高の離婚」の類似点を調べました!

ドラマ「リコカツ」原作は漫画?まとめ

リコカツの原作は漫画・小説?韓国ドラマの愛の不時着に似てる?について、まとめます。

リコカツの原作はありません。

ドラマのオリジナル脚本で、泉澤陽子さんが手がけています。

ドラマを元に、マンガボックスから「リコカツ」として漫画化されています。

韓国ドラマ「愛の不時着」には、キャラクター設定や二人の出会いが似ていると噂になっていました。

 

今後、二人の関係は深まるのでしょうか?

是非、チェックしてみてください!

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

正反対の二人のギャップが面白い!

金曜日ふたふたまるまる(22:00)放送です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました