東京リベンジャーズ(漫画)は打ち切り?終わりそうだけど第2章突入で長編化する?

東京リベンジャーズ(漫画)は打ち切り?終わりそうだけど第2章突入で長編化する? 東京リベンジャーズ

週刊少年マガジンに連載中の大人気漫画『東京リベンジャーズ』。

主人公タケミチが過去にタイムリープして、問題を次々に解決!そして、念願だったヒナの救出できたことで、ヒナの弟ナオトとの握手がキーとなっていたタイムリープができなくなり、そろそろ終わり?もしかして打ち切り?などと噂が…。

本当のところどうなのでしょうか!?

東京リベンジャーズの実写映画は何巻から何巻まで?

漫画「東京リベンジャーズ」は打ち切り?

 

現在も週刊少年マガジンで連載中でありましたが、物語としては終盤に差し掛かっているようです。

最終回や完結などの公式発表も2021年5月5日時点でありません!

物語の内容的にはすぐに終了するものではなく、実写化もされますし、よほどのことがない限りはすぐに打ち切りということはないはずです!

漫画「東京リベンジャーズ」に打ち切りの噂が出たのはなぜ?

ナオトと共に協力してタイムリープを繰り返し行い、未来をいい方向へ進めているタケミチ。二人の念願だったヒナの生存も可能となり、また元東卍メンバーもそれぞれ幸せな道へと進みました。

ナオトと握手することがキーとなっていたタイムリープですが、ヒナの生存というナオトの念願も叶ったことでタイムリープはできなくなりました!

タイムリープすることで進んでいた物語であるため、その話からもうそろそろ終わるのではないか、もしかして打ち切りになるのではないかという噂が流れてきたのではないかと思います。

また、作者である和久井健先生の過去の作品に打ち切りで最終回を迎えてしまったことがあることも、打ち切りの噂につながったのかもしれません。

 \今すぐクリックで無料/

漫画「東京リベンジャーズ」は終わりそう?

打ち切りやもうそろそろ終わりそうなのでは?という噂もありますが、第204話では、自死を試みたマイキーでしたが、必死の覚悟で止めたタケミチと手を繋ぐことで、タイムリープが再現しました。

ギリギリのシーンでのタイムリープでしたし、握手の相手が唯一未来が暗く、助けを求めたマイキーとでしたので、これがほぼ最後のタイムリープなのではと予測できます。

ただ、現代では梵天のメンバーの中に相談役の明司という新キャラ?の登場もありますし、元東卍伍番隊副隊長の三途がNo.2という謎もありますし、最終回としてはまだもう少し先なのではと思われます。

 

漫画「東京リベンジャーズ」は第2章に突入して長編化する?

現時点では、タイムリープのキーとなる人物がナオトからマイキーへと大きく変わりました。次回からマイキー編と言えますが、長編化するかは疑問が残ります。むしろマイキーを救うことを目的としており、終盤であると言えます。

ただ、先ほど記したように、謎に思うことが数多くあります。

タイムリープはそもそもなぜ起こるのか

梵天メンバーでマイキーを操っているのは誰?

三途が梵天No.2となれた理由は?

稀咲が死んだ今、本当の黒幕となっているのは誰なのか?

 

まだまだ明かされていないことが多くあるため、これが一つ一つ解決させていくことなると、時間を要する…もしかしたら番外編などもあるのかもしれません。

 

東京リベンジャーズ(漫画)は打ち切り?終わりそうだけどだけど第2章突入で長編化する?まとめ

最終回や完結などの公式発表も2021年5月5日時点でありません

・ナオトとの握手がキーとなっていたタイムリープができなくなったこと、作者の過去の作品で打ち切り最終回を迎えたものがあることで打ち切りの噂が流れた可能性があります。

・現時点では物語は終盤に向かっており、長編化することについては疑問が残ります。ただ、まだまだ明かされていないことが数多く残っており、一つ一つ解決するには時間を要しますし、番外編などが出ることもあるかもしれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました