桶狭間(ドラマ)の子役は誰?海老蔵の子どものカンカンとれいかちゃんの演技は上手い?

桶狭間・子役は誰? テレビ

市川海老蔵主演のスペシャルドラマ「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」の放送が決定しました!

子役は誰が演じるのか!?海老蔵の子供たち・れいかちゃん、勸玄くん(かんかん)親子三人が共演!?

果たして子供たちの演技力はどうなのか?調べてみましたので、ぜひご覧下さい!

 

市川海老蔵主演・スペシャルドラマ「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」

市川海老蔵さんが織田信長役を務めるフジテレビ系 十三代目市川團十郎白猿襲名記念ドラマ特別企画「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」が2021年3月26日(金)21:00~23:32に放送されることが決定しました!

スペシャルドラマ「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」では、信長がわずかな軍勢で今川義元の大軍を打ち破った桶狭間の戦いが描かれます。

実は、このドラマは昨年夏の放送を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、海老蔵の市川團十郎白猿襲名公演が延期になったため、放送も延期されていました。

コロナ禍はいまだ変わらない状況にあり、襲名披露公演の予定は決まっていませんが、多くのエンターテインメント作品が中止を余儀なくされ、制約を受けるなど多大な打撃を受けている現状を鑑み、海老蔵さんの考えもあり、公演に先立ってスペシャルドラマの放送を決定したそうです。

今川義元の大軍を数的に遥かに劣る織田軍が打ち破り、日本史上最大の逆転劇と謳われ、織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦、「桶狭間の戦い」を題材とした本格歴史エンターテインメント

現実的な合理主義者で常に常識を疑い、自分の目と力のみを信じ、全く新しい価値を創造し、一躍時代の寵児(ちょうじ)となった信長像は、伝統ある歌舞伎界の中心にありながら、常に変革を求めているまさに市川海老蔵さんそのものとも言えますね。

あらすじ

1560年、清洲城。27歳の織田信長(市川海老蔵)が「敦盛」を舞っている。同じ時、今川軍の先鋒・松平元康(後の徳川家康)は織田軍の砦(とりで)の前で、その采配を振るう時を待っていた。駿河の総大将・今川義元(三上博史)が織田家の領地・尾張を我が物にするべく、二万五千の大軍をもって進攻してきたのだ。前夜、今川軍に対し籠城策を訴える家老衆をあしらった信長は、翌早朝にたった五人の小姓を従えて清洲城から姿を消した。恐れをなして逃げたのだという生母・土田御前(黒木瞳)に対して、濃姫(広瀬すず)は決して逃げたりはしないと言い切り信長の身を案じる。信長は木下藤吉郎(中尾明慶)など、信用できる者たちを動かし今川軍の情報を集め、義元が大高城に向かうのではなく、織田信長軍と戦う構えで桶狭間にいることを突き止めた。やがて、織田軍本陣に家老衆が軍勢とともに到着したが、その数は二千ほどで、今川軍との差は圧倒的だった。二万五千VS二千。果たして信長はどんな戦略でこの大軍に立ち向かうのか…。奇跡の戦いが今始まろうとしていた。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/okehazama/story.html

みどころ

特にここがというより、この物語全体がみどころではないでしょうか。

市川海老蔵さんもおっしゃっていますが、織田信長の生き方には共感できる部分がたくさんあると。

人としてのあり方、考え方、存在、周りの巻き込み方などを物語を通して視聴者の私達が感じ取れば、いわゆる織田信長のカリスマ性に気づくことができ、今変化が必要とされいるこの時代に必要なヒントがあるかもしれません。

https://twitter.com/kamenansyu/status/1371779188844158976

https://twitter.com/emiri19820805/status/1373404259211878401

また、もうひとつみどころのひとつで話題になっているのはエレファントカシマシの宮本浩次さんが書き下ろすことが決定したという主題歌に関してです!

主題歌として発表される新曲のタイトルは「shining」。

宮本さんは、海老蔵さん演じる織田信長をはじめ、登場人物に思いを馳せながら楽曲を制作されたそうです。

宮本さんはこのようにコメントもされています。『海老蔵さんの信長、迫力のある合戦のシーン、どろどろとした人間模様、名優たちの気迫のこもった共演など実に見どころがたくさんあり、歴史的事実に疎いわたくしでも非常に楽しく一気にこの長編作品を無条件で堪能することができました』とドラマへの思いを語りました。

また「shining」という曲のタイトルは、スペシャルドラマ「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」見た後に自然に浮かんできたワードだそうですよ!

海老蔵さんも、宮本さんの世界観に対してとても感銘を受けているようで、『素直に美しい声を出す人物なんだろうと感じました』とコメントされています。

ドラマの中でエレファントカシマシの宮本浩次さんの個性溢れる声で「shining」の曲が流れるのが楽しみですね!

ドラマの世界観、織田信長という時代の革命児の背負った宿命を曲で表現し、さらにドラマを魅力的にしてくれることでしょう。

期待声もネット上でたくさん見受けられます▼

https://twitter.com/L6LY0pigGlSDn8H/status/1372320494322556929

https://twitter.com/saku_hanauta/status/1373257583700537345

https://twitter.com/ayuayupta/status/1372863273956110342

作品概要

【脚本】 大森寿美男
【音楽】 Face 2 fAKE
【主題歌】 宮本浩次「shining」(ユニバーサルシグマ)
【プロデュース】 高井一郎、保原賢一郎(フジテレビ)、足立弘平、亀井誠(松竹)
【演出】 河毛俊作(フジテレビ)
【キャスト】 市川海老蔵、三上博史、広瀬すず、中尾明慶、竹中直人、北村一樹、味方良介、鈴鹿央士、堀井新太、市川ぼたん、堀越勸玄、松田龍平、黒木瞳、佐藤浩市
【制作協力】 松竹
【制作著作】 フジテレビ

市川海老蔵主演・スペシャルドラマ「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」子役は誰!?

結論から言いますと、市川海老蔵さんは主役の織田信長、海老蔵さんの子供である勸玄君(かんかん)が信長の少年期・吉法師、ぼたん(れいかちゃん)が信長の正室・濃姫の少女期・帰蝶を演じます!

今回の勸玄君(かんかん)とぼたん(れいかちゃん)の出演に関しては2人の父である海老蔵さんのプッシュもあって出演を決定したのでしょうか?

いえ、実は今回の出演は子供たち本人が決めたそうです。

プロデューサーに出演をどうするか聞かれて、勸玄君(かんかん)とぼたん(れいかちゃん)本人たちで『やります』と伝えに行ったそうですよ!

ゆるクマ
ゆるクマ

さすが!!立派ですねぇ!

撮影は、お父さんである海老蔵さんが見守る中で行われたそうです。

ぼたん(れいかちゃん)の出演シーンでは、何度かセリフの読み合わせのリハーサルを行い、父としてではなく、ひとりの役者として海老蔵さんがアドバイスをする姿も見られたそうです。

また撮影後には『ちょっとアドバイスしたら、すごく良くなった』と笑顔を見せたとか。

勸玄君(かんかん)のシーンでは『モニターを通すとぐっと良くなる』と話していたそうです。

勸玄君(かんかん)とぼたん(れいかちゃん)の役柄は?

勸玄君(かんかん)が演じる吉法師は、北村一輝さん演じる父・信秀と尾張国・萬松寺で対峙するシーンに登場します。

信秀はこの翌日に三河に出兵することになっており、その前に吉法師に、織田家の嫡男として、そして武士の心構えを諭します。

ぼたん(れいかちゃん)が演じる帰蝶は、マムシと呼ばれ、周囲に恐れられた美濃の国主・斎藤道三の娘。

隣国・尾張の織田家との政略結婚で、信長の元に嫁ぐことになります。

佐藤浩市さん演じる道三との美濃・稲庭山城でのシーンに登場し、女子と生まれたが故の宿命について、道三が語ります。

二人にとっては初めての映像作品で、当然のことながら親子三人が同じ映像作品で共演するのは今回が初めてのこととなるので楽しみですね!

勸玄君(かんかん)とぼたん(れいかちゃん)の演技は上手い?

では、勸玄君(かんかん)とぼたん(れいかちゃん)の演技力はどうなのでしょうか?

先ほども少しご紹介したように、父としてはもちろんですが、ひとりの役者として海老蔵さんも認める才能を持った勸玄君(かんかん)とぼたん(れいかちゃん)。

もちろん歌舞伎役者としては勸玄君(かんかん)とぼたん(れいかちゃん)とも立派に演じているかとは思いますが、初めての映像作品でもその演技力は評価されるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、【桶狭間(ドラマ)の子役は誰?海老蔵の子どものカンカンとれいかちゃんの演技は上手い?】というタイトルでお送りしました!

映像作品で初の親子共演が実現!

内容はもちろんですが、勸玄君(かんかん)とぼたん(れいかちゃん)の演技力も気になるところ。

これは絶対見るしかないですね!

十三代目市川團十郎白猿襲名記念ドラマ特別企画「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~ぜひお見逃しのないようお気をつけ下さいね。

ここまでご覧いただきありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました