彼女はキレイだった キャスト相関図!シニョクのたくわんは誰が演じるか注目!

韓国ドラマ「彼女はキレイだった」のキャスト相関図や、シニョクのたくわんは誰が演じるかについて、気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、「彼女はキレイだった」のキャスト相関図を解説しています。

また、シニョクのたくわんシーンを演じるSexyZoneの中島健人さんについても、まとめていきます。

「彼女はキレイだった」基本情報

「彼女はキレイだった」の原作は、韓国でMBC演技大賞10冠に輝いたラブロマンスドラマです。これまで、韓国・中国で大ヒットしています。韓国では、19.7%の高視聴率をを叩き出しています。

主人公の佐藤愛は、ダサい見た目のせいで何をやっても空回りしていました。働いていた会社が倒産し、ある出版社の総務部に勤め出します。そして、3カ月限定の助っ人要員として、有名ファッション誌「ザ・モスト」の編集部で仕事をすることになります。

そんなある日のこと、「ザ・モスト」日本版の副編集長兼クリエイティブディレクターとして、長谷部宗介が赴任します。宗介は愛の幼いころのクラスメイトで、初恋の人でした。

また、宗介も愛のことが忘れられず、大切な存在に思っていました。しかし愛の外見が劇的にダサく変化していることで、宗介は愛に気付かず、愛は宗介に自分の正体を明かすことができません。

そんな2人が繰り広げるラブコメディー作品、日本でも人気が出ること間違いなし!かと思います。

日本版「彼女はキレイだった」相関図

日本版「彼女はキレイだった」の相関図は、まだ公開されていないようです。

公式サイト等で公開されましたら、こちらに追記いたします!

日本版「彼女はキレイだった」キャスト

長谷部宗介役/SexyZone中島健人  韓国版キャスト:チ・ソンジュン(役名:パク・ソジュン)

「彼女はキレイだった」韓国版でチ・ソンジュンに位置する役柄を演じるのは、SexyZoneの中島健人さんです。

中島健人さんは、SexyZoneでアイドル活動を行いながら、俳優活動も行っています。高い演技力が評価され、たくさんの映画やドラマに出演されています。

韓国版「彼女はキレイだった」では、チ・ソンジュンのタクアン舌シーンが話題になっていました。

韓国版「彼女はキレイだった」の3話に出てくるキム・ヘジンとキム・シニョンの屋台で食事をしているシーンでは、おでんで舌を火傷したキム・シニョンが、たくわんを舌に乗せて冷やし「マシになった」と言い放ってキム・ヘジンを呆れさせます。

韓国版でチ・ソンジュンに位置する役柄を演じるのは、SexyZoneの中島健人さんなので、シニョンのたくわん舌シーンを演じるのは中島健人さんだと推測できます。

ちなみに、韓国版「彼女はキレイだった」でパク・ソジュンを演じたのは、チ・ソンジュンさんです。

たくわん舌シーンを中島健人さんがどのように演じるのか、注目が集まっています。

佐藤愛役/小芝風花 韓国版キャスト:ファン・ジョンウム(役名キム・ヘジン)

「彼女はキレイだった」韓国版でキム・ヘジンに位置する役柄を演じるのは、小芝風花さんです。

小芝風花さんは、2011年に『ガールズオーディション2011』でグランプリを獲得され、14歳で芸能界デビューしています。

デビュー以来、様々なドラマや映画に出演されています。2020年放送のドラマ「妖怪シェアハウス」では主演に抜擢されています。

ちなみに、韓国版「彼女はキレイだった」でキム・ヘジンを演じたのは、パク・ソジュンさんです。

日本版「彼女はキレイだった」へのTwitterでの期待の声!

日本版「彼女はキレイだった」へのTwitterでの期待の声が、次々寄せられています。

皆さん楽しみにされているようですね。私も今から、ドラマを見るのが楽しみでなりません。

日本版「彼女はキレイだった」キャスト相関図まとめ

いかがだったでしょうか。韓国ドラマ「彼女はキレイだった」のキャスト相関図や、シニョクのたくわんは誰が演じるかについて、お分かりいただけたかと思います。
「彼女はキレイだった」は2021年7月より、火曜9時台に放送予定です。詳しい放送日が分かり次第、またお伝えしていこうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました