池江璃花子の兄弟や家族は?母親の幼児教育がすごかった!

池江璃花子 兄弟 東京オリンピック

池江璃花子の兄弟や家族は?母親の幼児教育がすごかった!』と題して、池江璃花子さんについていろいろ調べていきたいと思います。

池江璃花子さんは、本日7月4日が21歳のお誕生日です!おめでとうございます!

その誕生日に、女子200メートルリレーで2日連続の日本新記録を樹立されました♪

池江璃花子の兄弟や家族は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿

池江璃花子さんには、7歳年上のお姉さんと3歳年上のお兄さんがいらっしゃいます。
お姉さんのお名前などの情報は、公表されていないようですね!?お姉さんは、お料理上手みたいですね♪

お兄さんに関しては…1997年4月13日生まれで、池江選手より3歳年上の池江毅隼(いけえ・たけはや)さんです。

早稲田大学スポーツ科学部の出身の早稲田の水泳部に所属されていたトップスイマーで、2017年の日本選手権には、兄妹アベック出場を果たされました。
お兄さんの種目も、璃花子さんと同じ自由形とバタフライみたいですね♪

お父様とお母様は、池江選手の幼い頃に離婚されているようですが、お二人ともすごい方のようですね♪

お父様は池江俊博(いけえ・としひろ)さんで、元航空自衛隊の戦闘機パイロットという経歴の持ち主で、株式会社ノーザンライツという会社の代表取締役を務めていらっしゃいます。
身長が190cmあるようなので、池江選手の高身はお父様譲りのようですね♪

お母様は池江美由紀(いけえみゆき)さんで、幼児教室『七田チャイルドアカデミー本八幡教室』の代表を務めていらっしゃいます。
池江選手も生後2ヶ月から教室に通っていたようです。

池江璃花子の母親の幼児教育がすごい!

池江選手の自宅のリビングにある雲梯は、いろんな番組などでも紹介されて有名かもしれませんが、お母様が「運動が脳の発達を促す」と紹介する本を読んで、設置されたようですね♪

1歳6か月の頃に、逆上がりが出来ていたというのも素晴らしいですね!

前述でもあったように、お母様が代表を務めていらっしゃる『七田チャイルドアカデミー』に生後2ヶ月から通わせていたわけですから、すごい幼児教育がされていたことは間違いなさそうですね♪

水泳は、お姉さんお兄さんの影響で3歳10か月から始めて、5歳の時にはすでに全種目50Mを泳げるようになっていたようです!

うちの子は6歳なる頃に全種目50M泳げるようになりましたが…もう辞めちゃいました(笑)
やっぱり全種目泳げるようになったら終わりではなく、さらにその上を目指す向上心は、幼い頃の教育が関係してくるんでしょうね♪

池江璃花子は東京オリンピック2021に出場する?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿

日本選手権兼オリンピック選考会では、すっごい成績を残されましたね♪

本当にすごいという言葉しかでてこないですね!!

東京オリンピックには出場されますが、個人でのエントリーはなしで、400メートルフリーリレーと400メートルメドレーリレーに内定しています。

オリンピックに出場できそうで、本当によかったですよね!!

池江璃花子の兄弟や家族まとめ

池江璃花子の兄弟や家族は?母親の幼児教育がすごかった!』と題して、池江璃花子さんについていろいろ調べてきましたが、いかがでしたでしょうか?

池江璃花子さんと言えば、2019年2月に【白血病】と診断され苦しい療養生活をされて、2020年8月に復帰され、今季のオリンピック代表にまで戻ってこられましたね♪

そんな池江選手の姿に励まされた方も多かったのではないでしょうか?
その陰には、幼い頃からの努力やご家族の支えがあってからこそだと思います。

まだまだコロナ禍で、せっかく日本で開催されるオリンピックにもかかわらず現地まで応援に行けないのは残念ですが、テレビで皆さんも一緒に池江選手を応援しましょう♪

『頑張れ~池江選手!!頑張れ~日本!!』

コメント

タイトルとURLをコピーしました