ドラマ漂着者の意味は?原作・企画の秋元康作品もチェックしてみた!

漂着者 意味 漂着者

7月からスタートする金曜ナイトドラマが「漂着者」に決定しました。

斎藤工さんと白石麻衣さんがW主演というとても豪華なドラマになっています。

今回はタイトルになっている漂着者の意味や、原作・企画を担当している秋元康さんの過去作品などをまとまていきます!

「漂着者」 あらすじ

まずは「漂着者」のあらすじをご紹介します!

 

「漂着者」 タイトルの意味は?

タイトルになっている「漂着者」ですが、この意味は何なのか、私なりに考察してみました。(あくまでも考察です)

漂着の意味は、流れただよってどこかの岸につくことです。

このドラマは斎藤工さん演じるヘミングウェイが、とある地方の海岸で倒れているところを女子高生に発見されるところからスタートします。

ですのでこの物語のきっかけがタイトルになっていると予想しました。

そしてもう一つの考察ですが、このドラマが決定したとき斎藤工さんは、

「実はかなり前にこのお話をいただいていたんですが、まず、「なぜ僕なんだろう…」と思いました。でもその後、今、このタイミングで作品自体も“漂着する”ことになり、すべての点が線になって繋がったような不思議な体験をしています。」

とインタビューに対して答えています。

かなり前からオファーがあったのは驚きですね!

さらに「この「漂着者」は、演じる僕自身が確固たる答えをもつというよりは、演じながら秋元さんのビジョンにたどり着いて行く、そんな作品になっていくんだと思います。」

という風にも答えています。

このことから、ドラマ「漂着者」には2つの意味が込められているのかなと思いました!

「漂着者」 原作・企画担当の秋元康 過去作品

「漂着者」の原作・企画はアイドルプロデュースでもかなり有名な秋元康さんが担当しています!

秋元康さんが原作・企画を担当した過去作品をいくつかご紹介します。

・あなたの番です

・愛してたって、秘密はある

・声春っ!

・もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

ドラマ漂着者の意味は?原作・企画の秋元康作品もチェックしてみた!まとめ

今回は7月スタートの「漂着者」について、タイトルの意味や秋元康さんの過去作品についてまとめてみました。

たくさんの有名なドラマ、映画などをプロデュースしていたことに驚きました!

アイドルのプロデュースもすごいですが、こういった才能もあるとは…さすが秋元康さんですね。

漂着者の放送が今から楽しみです!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました