「ハコヅメ」(ドラマ)の意味は?原作漫画でタイトルの真相がネタバレしてる?

「ハコヅメ」(ドラマ)の意味は?原作漫画でタイトルの真相がネタバレしてる?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

「ハコヅメ」の意味とドラマの内容、キャストなどをまとめてみました。

ゆるクマ
ゆるクマ

タイトルの真相は、すでに原作でネタバレしているようだね!

ハコヅメの意味は?何の略?

「ハコヅメ」の意味は、交番=ハコに勤務していることを意味する言葉と作中でも言われていたようです。

原作の10巻で藤聖子巡査部長が初登場シーンに持っていた段ボール=箱詰めであり、この段ボールが物語を動かすカギとなっていたことが分かっています。

原作で藤聖子巡査部長は、その段ボールに「犯人の目星が入っている」と言っていました。

藤聖子巡査部長はとある事件を調べるために、この交番にやってきたようです。

ハコヅメ 原作漫画の概要

「ハコヅメ」の原作漫画は、累計発行部数140万部を突破している、

リアル警察エンターテインメントマンガです。

作者の泰三子さんは、なんと元警察官らしいですよ。

ドラマ「ハコヅメ」ってどんなドラマ?

主人公の河合麻衣は、警察官になり、町山交番へ勤務します。しかし交番の仕事は予想以上に忙しく、助けた人から感謝されるわけでもなく、嫌になった麻衣は、辞表を出そうとします。

そんな麻衣の前に現れたのが、元エース刑事の藤聖子でした。聖子とペアを組み、厳しくも優しい指導を受けながら、麻衣は警察官として成長していきます。

また、藤聖子巡査部長が町山交番へ配属されたことには、理由があるようです。

麻衣の成長と、藤聖子巡査部長が抱えているある事件が軸となった、警察ドラマのようですね。

河合麻衣は永野芽郁さんが演じます。

また、藤聖子は戸田恵梨香さんが演じます。

「ハコヅメ」(ドラマ)の意味は?原作漫画でタイトルの真相がネタバレしてる?まとめ

いかがだったでしょうか。

原作の10巻で、藤聖子巡査部長が初登場シーンに持っていた段ボール=箱詰めであり、原作漫画でタイトルの真相がネタバレしていることがお分かりいただけたかと思います。

今からドラマの放映が楽しみでなりませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました