ドラゴン桜2 3話ネタバレあらすじ感想と考察も!

ドラゴン桜2 3話ネタバレ あらすじ感想と考察も! テレビ

16年の時を経て令和の時代に再び戻ってきた「

SNSの普及など前作とは時代も変わり、生徒たちの悩みも様々。

勉強法も新しくなり、全世代が楽しめる物語になっている新日曜劇場「」が4月25日からついにスタートします。

今回はドラゴン桜3話についてあらすじや原作のネタバレなどをまとめていきます。

ドラゴン桜3話 あらすじ

ざっくり3話のあらすじをまとめると、

 

  • 早瀬と天野は東大を目指し勉強に励む
  • 新たに2名の生徒が東大専科に加わる

このように物語が進んでいくかと予想します。

ドラゴン桜 3話 キャスト

3話のキャストをご紹介します!

ゆるクマ
ゆるクマ

鈴鹿さんはロケのエキストラに参加した際広瀬すずさんの目にとまり、広瀬すずさんがマネージャーにスカウトするよう進言したそうです!

藤井遼(ふじい りょう)/演 鈴鹿央士(すずか おうじ)

学年のトップ成績を誇る生徒。優秀がゆえに人を見下す癖があり周りから浮いている生徒を演じます。

小杉麻里(こすぎ まり)/演  志田彩良(しだ さら)

成績が学園文系でトップで優秀だが、受験に興味がなく卒業後は就職を考えている役を演じています。

彼女にはあるヒミツがありほかの生徒、教師と距離を置いています。

ドラゴン桜 3話 ネタバレ

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

原作漫画のネタバレを追記します!

1話では全校集会で東大専科への募集を募り2名の生徒を向かい入れる。

2話ではそれぞれの生徒の問題に熱くぶつかり、東大合格への本格的な授業を始める。

ここまでが1話、2話放送ではないかと予想しましたので3話は「藤井遼」「小杉麻里」この2名の生徒が出てくるところからスタートするのではないかと予想します。

早瀬と天野、2人が本格的に東大合格へ向けて勉強を進めていく中、教師の間では成績優秀な藤井遼と小杉麻里を東大に受験させようと声をかけます。

藤井は「ボクはそのつもりですけど」と答えるのに対し小杉は「私はちょっと…」と返します。先生たちが「小杉さんは成績優秀だから順調にいけば合格可能なのよ」と説得するも変わらず「ほんとにわたしはいいです…」と言い張る小杉。

そしてさらに「私、浪人したくないんです」と返します。小杉は、成績は優秀だが受験に興味がなく卒業後は就職するつもりでいました。

彼女にはとある秘密があり、ほかの生徒や教師とも距離を置いています。彼女の秘密とは何なのか、そこも注目どころです。

ドラゴン桜 3話 感想

こちらは放送後に記載します!

ドラゴン桜 3話 まとめ

今回はドラゴン桜3話のあらすじや原作ネタバレを予想しまとめてみました。

徐々に増えていく東大受験生たちとの令和ならではの勉強法、

そして彼らの現代的な悩みにぶつかる桜木先生。

ますます目が離せない展開になっていきますので、日曜日が待ち遠しくなりますね!!

1~3話の感想などは放送後、随時更新予定でいますので合わせて楽しみにしていただけると嬉しいです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました