朝ドラ カムカムエヴリバディの意味は?タイトルの由来を調査!

朝ドラのカムカムエヴリバディとはどのような意味なのでしょうか?

この記事ではカムカムエヴリバディの意味と、タイトルの由来を徹底的に検証し、わかりやすく解説していきたいと思います。

意味やタイトルの由来を知ると、ますます朝ドラを興味深く見ることが出来ると思いますよ!

ではまず最初の記事を見ていきましょう!

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」タイトルの意味や由来は?

この言葉の意味は直訳すると、「みんな!おいでおいで!」のような意味合いになります。

由来ですが、NHKが公開している内容によると、かつて終戦直後の日本を席捲した平川唯一(ひらかわただいち)さんが講師を務めるNHKラジオ英語講座「カムカム英語」のオープニング曲タイトル名だったそうです!

「証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)」のメロディーにのって、明るい調子の「カムカム~エヴリバディ~」の歌が聞こえると子供から大人まで日本中の人達が励まされたそうです!

「カムカムエヴリバディ」は戦後で暗く重かった日本の空気を、この曲によって少しでも明るくしたいと言う平川講師の願いが込められていたのです!

NHKの情報によりますと「カムカムエヴリバディ」は、現代の私達の未来さえも切り開くパワーワードになるとの思いを込めてタイトルにしたそうです!

こんな素敵な思いが込められているなんて、知ると得した気持ちになりますよね!

では次は、あらすじについて見ていきましょう!

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のあらすじは?

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のあらすじですが、昭和、平成、令和の時代にラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の三世代親子がヒロインとなっています。

この3人のヒロインがラジオの英語を聴き続ける事によって、それぞれの夢への扉を開いていくお話しです。

内容的には波乱万丈なハートフルコメディで、見る人が明るく前向きになれるような内容なので朝のドラマにぴったりだと思います!

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の意味は?タイトルの由来を調査まとめ

これまで 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の意味と、タイトルの由来をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

筆者的には、この朝ドラを通して、戦後の日本を支えてきた「カムカムエヴリバディ」の明るいメロディが時を超え、今のこの時代も明るく照らしてくれているような気がします。

「カムカムエヴリバディ」の意味や由来を知る事により、このドラマをより深く見る事が出来ると思います。

いつの時代も辛い事は起きると思いますが、筆者は、そんな中でもタイトルに込められた意味を知って、3人のヒロイン、そして戦後の人達の心に明かりを灯した平川講師のように前向きに夢に向かって歩いていきたいと思いました。

この記事を通して「カムカムエヴリバディ」を合言葉に、皆様の心にも何か温かいものが芽生え少しでも明るい気持ちになって頂ければ嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました