青山一の正体や過去をネタバレ!右手の手袋の秘密は?(珈琲いかがでしょう)

青山一の正体や過去をネタバレ!右手の手袋の秘密は?(珈琲いかがでしょう) テレビ

「あの珈琲屋さんが中村倫也さんにしか見えない…」と話題になっていた「珈琲いかがでしょう」が中村倫也さん主演でついに実写化しました。

毎週月曜よる11時6分から、全ての人を優しく包み込む、幸せを運ぶ珈琲物語になっています。

現在1話まで放送されていますが、この珈琲屋さんは一体何者なのだろう?右手の手袋は何?と気になっている方もいるかと思います。

今回はそんな「珈琲いかがでしょう」の珈琲屋さん、青山一の正体や右手の手袋についてネタバレを含めまとめていきます。

✍結論…青山一は元ヤクザ!右手の手袋はケジメを隠すためだった。

「珈琲いかがでしょう」青山一の正体は?

 

「珈琲いかがでしょう」あらすじ

「珈琲いかがでしょう」青山一の正体と過去

一杯一杯、丁寧に、誠実に、傷ついた人たちの心を居やす「たこ珈琲」の店主、青山一は爽やかで飄々とし、まるで王子様のようだが実は想像を絶する過去の持ち主です。

青山一は10代の頃にヤクザになり、鬼のような仕事ぶりで2代目組長のお気に入りでした。

そんな青山一が珈琲屋さんになるきっかけがある時出会ったホームレスのたこさんです。

青山一はたこさんが淹れてくれた珈琲によって次第に人の心を取り戻します。しかしその後たこさんは急死…青山一はヤクザから足を洗う決断をしますが、その頃対立していた組員との争いで2代目も亡くなってしまいます。

青山一は2代目の遺言を聞きこれ以上争いが起きないよう、そして3代目も同じ目に合わないよう、2代目を殺したのは自分だということにして失踪します。

そして失踪先で自首をし刑期を迎え移動珈琲屋を始めます。

なぜ「移動」珈琲屋さんなのか…1つ目はたこさんの珈琲をたくさんの方に飲んでもらうため、2つ目は、実はたこさんは生前亡くなった妻と同じ墓に入りたいと青山一に話していました。

その願いを叶えるため移動珈琲屋さんをしながら亡くなった妻の手がかりを探しているのです。

「珈琲いかがでしょう」青山一の右手の手袋の秘密は?

こちらの中村倫也さん演じる青山一、よく見ると珈琲を淹れている右手に手袋をはめています。

こちらの手袋の謎ですが、先程紹介した通り青山一は10代の頃ヤクザをしていてたこさんの死をきっかけに足を洗います。

右手の手袋はその際にケジメとして切断した薬指と小指を隠しているのだと思います。

まとめ

今回は「珈琲いかがでしょう」の青山一について、正体や手袋の謎をまとめてみました。

毎週月曜日深夜、1週間の始まりに心癒されるかと思いますのでまだ見ていない方はぜひ見てみてください!

また、原作の作者コナリミサトさんは凪のお暇の作者でもあり、中村倫也さんとの相性抜群です。今後の展開も含め見逃せない作品になっています!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました