コンティニュアは、ヘルスケアのインフラを構築する

現在日本には、約 4,000 万人の高血圧患者と約 1,500 万人の高血圧予備群がいるといわれています。

従来、高血圧の診断は病院で測った血圧 (外来血圧) を基準に行ってきましたが、近年、外来血圧より家庭血圧、特に早朝血圧が重要だといわれています。なぜなら、外来血圧が正常でも早朝血圧が高い人が少なくなく、早朝血圧が高いと心筋梗塞や脳梗塞になりやすいことがわかってきたからです。そこで、家庭血圧を 「血圧手帳」 に記録して、そのデータをもとに治療を行うようになってきました。

このように、日常生活で得られた身体データを基に治療を行う傾向は、高血圧だけに限りません。たとえば、携帯心電計のデータから脳梗塞の原因になる心房細動がみつかることもあります。また、体重や体温を継続して測定し、検診データを一括管理しておくと、的確な急性期治療を受けることができます。

コンティニュア・ヘルス・アライアンスの対象領域 3 分野

 

こうした日常生活で得られた身体データを活用して、生活習慣病の予防と慢性疾患の管理を簡単に行うことができるサービスを提供するのがコンティニュアの技術です。

コンティニュア対応の血圧計や体重計と PC や携帯電話、そしてインターネットを通して、さまざまな医療サービスをシームレスに扱えれば、より確かな身体データを予防や治療、さらには日常のヘルスケアに利用することが可能になるのです。また、遠隔地からの疾病管理や、高齢者のケア、自立支援にも欠かせない技術になります。

コンティニュア参加企業が、人々の健康と、豊かでアクティブな生活を、ICT 技術を利用した効率のよいデータ管理を通じてサポートします。